« 少しずつ・・・少しずつ・・・ | トップページ | 祝!ジャイアンツV2!! »

2008年10月10日 (金)

カズさんin日経新聞

カズさんの書く「サッカー人として」…いつも楽しみにしている記事だ。

今日はFWとしての精神面の話。

97W杯最終予選の初戦(ウズベク戦)での伝説のキックオフ前の儀式。城選手とボールに手を置きひざまずく…われわれ世代のサッカーファンでFWならば一度は真似したことのあるであろう「あの」ポーズ。

FWならばゴールを狙う意識が無くてはコンスタントに得点できないし、強すぎてもダメ」だとの事。

カズさんはこの儀式(?)で一種のトランス状態になり4得点した。

曰く「ゴールは心技体の結晶」だそうだ。

たとえコンディションが悪くても、うまくはまればポンポンとリズムに乗れる。反対に調子が良くてもボタンを掛け違えればすべてがうまくいかなくなる。

俺の解釈としては「つまりは心技体のバランスときっかけが重要」ということか。

まあ、会社に入る前に儀式をやってからドアを開けるわけにもいかないなあ・・・なんて考えてたら思い出した。

昔研修で教わった“PMA”=Positive Mental Attitude(明確な心の態度…と訳せば良いかな?)

つまり日常の何気ない行動時にスイッチを入れる仕掛けをすること。

例えば、朝鏡を見たときに『今日のプレゼンは上手く行く』

会社のドアを開けるときに『よし、今日は訪問10軒』

営業に出かけるときは『契約間違いなし』

などとポジティブにスイッチを入れることだ。

まあ、カズさんの例の儀式がPMAを意識したことだったとは思わないが、結果的には同じことだ。

俺も今日からやってみっかな。

« 少しずつ・・・少しずつ・・・ | トップページ | 祝!ジャイアンツV2!! »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97424/42743803

この記事へのトラックバック一覧です: カズさんin日経新聞:

« 少しずつ・・・少しずつ・・・ | トップページ | 祝!ジャイアンツV2!! »