プロフィール

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2017年5月 4日 (木)

#17/58軒/62杯目 らーめん瞠(みはる)

Img_2385

GW中も本来は仕事なのですが、本日は所用があり休暇を取ってお出かけ。
まずは日本橋三越で猫の写真展に足を運ぶ・・・前に一杯食べていくことを計画smile
ところが祝日ダイヤの巡り合わせが悪く、なぜか恵比寿に降り立つワタクシcatface

なんとなく閃きflair8年ぶりに瞠に訪問 です。

Img_2389

時計は13時。
店前のイーゼルには限定の一杯が。・・・8年前に限定狙いで訪問したが撃沈した苦い記憶 が蘇る・・・

Img_2392

ドアを開けて入店すると意外・・・。先客様は3名様のみ。まあラッキーなんだけど拍子抜け。

券売機に向かうと左下の限定のボタンを発見。・・・む。よしよし今回は生きている(笑)
ということで限定ボタン「比内地鶏のあぶらそば(850円也)」をポチ。
カウンター真ん中に案内され食券を渡します。

高校生4人組が入店してきたので席を詰めてあげたりしながら提供を待ち、10分ほどで提供。

なるほど。結構暴力的な顔つきですcoldsweats02
麺を下から引っ張り出すと太麺ストレートの麺が茶褐色のタレをまとって姿を現します。

Img_2386

それでは、と30秒ほど気合を入れてまぜまぜするとこういう感じに。

Img_2387

なにがなんだか判らなくなったので材木メンマとチャーシューを並べてみる。

Img_2388

では(やっと)いただきまーす!

まずは麺を一つまみしてバクッとやると・・・おおsign01
温玉がふわぁ~っと麺を包み込み、鶏の旨みがやや遅れてついてきます。

旨しrock

この油そばは優しい。比内地鶏を使用したタレがそうさせているのだろう。旨い旨い。

材木メンマの存在感は8年前を変わらず頼もしい限り。温玉とチャーシューも旨いんだけど、これは比内地鶏という訳ではなくレギュラーのものっぽい(未確認だけど)。
ネギと水菜はアクセントになって適度な清涼感をもたらしバランスが良い。

総じてなかなかの一杯に仕上がってます。
そのまま一気に食べてしまいました・・・追い飯があっても良かったかもしれないけど、今晩は美味しいディナーを予定しているので自重(笑)

奥さんがオーダーした辛つけめん旨そうでした。(結構本気で辛かった・・・)

Img_2382

8年振りだったけどしっかりとした店作りのこだわりを感じたし、味もなかなかのもの。
これはもっと頻繁に来てもいいね。

本日も至福の一杯をご馳走様でした!

2017年5月4日(レビュー通算522軒目1,326杯目)

東京都渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス1F

2017年4月30日 (日)

#17/57軒/61杯目 らーめんBUBU

Img_2372

昨日に引き続き今日もサイクリングdeラーメン企画bicycle
実は今日の訪問先とメニューは3日ほど前に決めておりました。どんだけ暇人なんよ(笑)

というのもサイクリングの脚力もそこそこついてきたので、そろそろ茅ヶ崎あたりも訪問先に加えていた故にご無沙汰のBUBUさんへ行きたかったのが第一の理由。
それに(こっちの方が重要なのだが)、毎月10日・20日・30日は【和BUBUの日】となり、和BUBU専用メニューの提供となっているらしい。

ちゅーことで実に6年ぶりの訪問 となりました。

9時に自宅を出て湘南方面へひたすらペダルを漕ぎ・・・ナビによると開店40分前には着いてしまいそう。
こりゃいくらなんでも早過ぎるだろうと一旦は茅ヶ崎海岸で休憩を取り、店前に到着したのは開店5分前。

・・・りょ?もう開店しとるがなsign02 しかもお客さんが既に食券を購入中。
こりゃイカン、早速入店だsign01と入店すると、前客様は3名様。ははぁ、皆さん旨いお店はしっかりとご存知なのですね。シャッターさんに配慮して早めに開店してくれたんでしょうcoldsweats01

券売機と対峙して予定通り「つけ五郎(800円也)」をポチ。あ、大盛り無料かぁ・・・結構腹減りモードだから今日は大盛りにしちゃおうsmile

Img_2370

吉野家式カウンターの左奥に座り、お姉ちゃんスタッフさんに「大盛りお願いします」と食券を渡します。

Img_2371

あ、そうだ。今日の訪問に備えメルマガ会員に登録してトッピングが一つ無料だったんだsign01
スタッフさんを呼び止め登録メールを見せながら「玉子」を無料ゲットしました(かなり嬉しいw)

この「つけ五郎」。お店のHP によるとこういう一杯です。
とんこつスープと和風魚介スープをブレンドし、中華の王道食材、豆板醤や黒豆(トーチー)などを合わせました。
香りやコク、後味は一言では語れません。
和BUBUの逸品をご賞味あれ。

7年前に食べた一杯 6年前に食べたそれ も、それぞれかなり凝った一杯だったけど、この一杯もめっちゃ旨そうなんで超期待しながら提供を待ちますheart04

提供は7分後。
おいおい、もうこのつけ汁が異次元でしょうcoldsweats02

たまらずにレンゲでまず一口啜ります。

Img_2373

むおwobbly こ・こりは・・・なんと表現したらいいんだろうsign02
まず黒いやつの正体はマー油。まったりとした風味が口中に広がります。
さあ後は難しいぞ・・・豚骨・魚介は完璧に融合しているのか、それぞれの主張をしていません。それでいて豆板醤やトーチーなどの辛さを感じるでもない。

なんか初体験の旨さなんですけどーwobbly

麺に上にモヤシとネギが大量に載っているので下から麺を引っ張り出します。

Img_2374

中太やや縮れ麺を一つまみしてつけ汁に潜らせバクッと頬張ると・・・

異次元の旨さrock

なにこれ、旨いわ~delicious

無料でゲットした味玉もお見事。

Img_2376

とにかくつけ汁が凄い。背脂チャッチャに加えてなんとひき肉まで入っておりました。
いやいやいやいや、これで800円(味玉はサービスだけど)だとしたら絶対に良いsign03

海苔が大判3枚だったのでビリビリ破って6回分楽しみました。
そしてモヤシと大量のネギもすっごい脇役。

もう夢中でズルズルバクバクで固形物一気に完食ですよ。

そして最後にもサプライズが待っておりました。
スープ割を頼むと別提供されたのがこれ。

Img_2377

どういうスープなのか詳細は判りませんがトロ~リとした割スープ。
こいつをつけ汁と合わせると、これも旨い旨い。

全てを完食するとかわいい柄が出てきました。

Img_2378

うん、今日はド正解sign03この一杯、今年食べた61杯の中では間違いなく1位です。

気がつくと店内は満席で外待ちも発生中。人気店になる訳だわ。
次回はいつ来れるかなぁ・・・早めに再訪したいものだ。

「ごちそーさまー」と厨房に声を掛け「ありがとーございましたー」の声を背中に受けながら店を後にしました。

本日も至福の一杯をご馳走様でした!

2017年4月30日(レビュー通算522軒目1,325杯目)

神奈川県茅ヶ崎市幸町22-26 松下ビル1階

P.S.
烏帽子岩を見ながら海岸線を横浜方面に走っていますと、どっと疲労感が襲ってきました・・・
昨日と合わせて既に80kmくらい走ってる計算・・・さすがに手首とお尻と太ももがきつい。
江の島ビーチで休んでいこうと決め、上半身裸でのんびり寝そべっていたらいつの間にか寝落ちしてました(笑)

Img_2367

本日は60kmを走破。さあ明日から仕事がんばろうhappy01

Img_2379

2017年4月29日 (土)

#17/56軒/60杯目 らーめんHANABI

Img_2350

GW初日です。
・・・んまあ個人的にはあんまりゴールデンでもないんですが、とりあえず今日明日は二連休の僕。
愛車『赤い流れ星』を少し改造したんで軽めに走ってきましょうかねbicycle

ちゅーことで本当はイツワ製麺所 を目指して走り出したんですが、10分くらい走ったところでiPhoneのモバイルナビがルートを外れていることを表示。
あちゃーbearing横須賀方面に行くところを大船方面に走ってたか・・・集中が足りんな俺。気をつけんと事故るぞ、こりゃ。

んで急遽目的地を思案think
・・・天気も良いし鎌倉まで走って大仏様に商売繁盛祈願でもするかな。
では4年ぶりにHANABI に行きましょうflair

改造マシンは順調に走り、25㎞の道のりを1時間半で走破。入店は12時半です。

さーて何食べるかな。当然ながら予習しておりません。
メニューを見ると基本的に4年前と変わっていないようです。

では初訪だった6年前 に食べたメニューでいってみましょう。
奥様に「つけ味玉(950円也)」を太麺でお願いしました。

Img_2349

楽しみですね~happy01

店内は7割ほどの客入り。僕のようにはるばる食べに来ました!って感じの方はおらず、地元の方々がふらっと食べに来ている感じ。

カウンター対面の厨房内での店主さんの動きを拝見。
僕のものと思しき麺はテボで茹でられ、そのままテボ内で蛇口からの水で〆られています。
・・・ザルにあけて〆ないんだなあ・・・麺が強いから痛まないのかしら・・・などと考えていると提供。

さあ、それではいただきまーす!
まずはつけ汁どんぶりに浮かぶチャーシューをどかし、つけ汁を一口ズズズ・・・

Img_2351

ふむconfident 魚・鶏・豚がバランスよく調和してカエシの塩分が攻撃的なつけ汁。

こいつに太麺ストレート全粒粉っぽい麺を潜らせ一口啜り上げます。

Img_2352

うん、こりゃ旨いわhappy02
そのままつけ汁と麺のハーモニーを3口ほど楽しみます。麺がしっかりしてますから力強い一杯に仕上がっていますね。

では具に参るsign01

まずは味玉・・・これお見事shineジェル状の黄身が抜群に旨しrock

Img_2353

コリッコリの材木メンマが脇をサポートしながら、小松菜が変化をつけてくれます。

うんうん、やっぱりここは旨いわgood

お腹が減っていたこともあって猛スピードで固形物を消化した後、スープ割をお願いすると別提供。

Img_2354

この白濁スープ・・・あまりスープって感じじゃないんです・・・KOKOROで食べたときもそう感じているが ・・・まあ文句は言うまい。

で、結構な量を飲んでフィニッシュとしました。
ああ旨かったsign01と会計して店を後にしたんですが・・・ちょっとどうなのかなと感じることが一つ。

店主さんと奥様のお二人に共通して言えたことなんですが、食器を扱ったり食材を冷蔵庫から取り出す際の音がかなり気に障るレベルでした。つまりガッチャガッチャうるさいbomb
度々気に障ったんで、僕が思わず厨房内に顔を向けることもしばしば。(睨んだと思われたかもしれない・・・)

過去2回の訪問記録を読み返しても音が気になったとは書いていないのでたまたまなのかな。
ここは好きな店なんでまた来たい。たまたまであってくれれば良いが・・・

本日も至福の一杯をご馳走様でした!

2017年4月29日(レビュー通算522軒目1,324杯目)

P.S.

お店から7分ほど走ったところにある鎌倉の大仏様に寄りました。
商売繁盛、家内安全などなど・・・お線香とわずかなお賽銭をあげただけで欲張りなお願いを一杯してきました(笑)

Img_2363_2

本日の走行距離は50km弱。良い一日でしたsign01

Img_2380

2017年4月24日 (月)

#17/55軒/59杯目 鯛麺 真魚

Img_2344

Img_2345

今日は仲間内3名での飲み会です。
仲間内といっても色々ありますが、今日のお相手は30年来のお付き合いの先輩お二人ですから兄弟みたいなものです。
目的は・・・僕の仕事の愚痴を聞いてもらうこと。

いつからか会社の同僚には愚痴をこぼさないようになっております。
管理職になった30歳半ばあたりからかな、きっと。
組織って恐ろしいもので、愚痴をこぼしたり人の噂を話したりすると必ず悪く伝わるんですよね。
少なからずそれで嫌な思いをしたこともあったので、自分からはそういう種を撒かないように気をつけていたらそれが自然と身についてしまった。

なので会社の人間と飲みに行くことは多いけれど、愚痴や人の噂話などになるとひたすら聞き役になっている僕なのであります。

だけど今日は別。
人生の兄貴分に思いっきり愚痴をこぼし、兄貴たちもそれを聞いてくれた。

最近、僕主催のプライベートな飲み会は真魚さんを使うことが多い。
隠れ家的だしマスターの腕はたしかで料理は抜群に旨い。
今日も牛タンのバジリコソースや砂肝のから揚げなどの抜群に旨い料理で舌鼓を打ち、ハイボールをぐびぐび。
そして最後に辛口鯛拉麺と冷やし辛口鯛拉麺をオーダーして3人で分け分けしてフィニッシュ。

明日への糧になったかな。
本日も至福の一杯を御馳走様でした!

2017年4月24日(レビュー通算522軒目1,323杯目)

2017年4月23日 (日)

#17/54軒/58杯目 想〜SOU〜

Img_2335

本日は久しぶりにサイクリングdeラーメン企画を発動。
この4月は日曜日だけは何とか休暇が取れております。しかし3月の佐野シリーズに心身ともに疲れ果てていたため、4月のこれまでの休暇はほとんど自宅で廃人のように過ごしておりましたshock

しかし今日は天気も良いし、そろそろアクティブに動こうと決意rock
前日からRDBでターゲット店を絞り込んでおりました「想」さんに向かって愛車を走らせますbicycle

この「想」さんは開店して2年。RDBでのレビュー数は本日現在8件と少なくはありますが、なかなかの一杯を提供している感じ。
仲間内の手も伸びてないしね(笑)

いつもの通りウォークマンで落語を聴きながらのポタリング(本当はいけないんだけどね)。今日のお供は古今亭志ん朝。
今は亡き名人ですjapanesetea

その志ん朝の落語が3席終わったあたりでお店に到着。
片道23km、約1時間半の旅でした。

Img_2339

自転車を隣の空き店舗前に止め装備解除してお店に入店します。
時計は12時40分。

お昼はラーメン屋、夜はバーとして営業しているとの事前情報でしたが、思ったよりも店内はバー仕立て。
縦に長細いお店にカウンターのみ8席ですが、ゆったりとした空間を確保しているお店です。

お姉ちゃんスタッフさんに「御一人様ですか?カウンター一番手前でお願いします」と案内され腰を下ろします。
オーダーは決めていましたが一応メニューを拝見。

Img_2333

こちらは「スープ」「たれ」「麺」をそれぞれ2種類から選べるので8通りの組み合わせが楽しめるのです。

で、昨日から決めていた(暇人やなぁw)、「鶏」「醤油」「平打ちちぢれ麺」(800円也)の組み合わせをお願いしました。

店内はお客ファーストで整えられています。
箸箱、レンゲ、ブラックペッパーなどは各席から手を伸ばしやすく、そして清潔・丁寧に配備されております。
BGMは耳に優しいジャズが流れており、滞在の心地よさを感じます(の割には20分もいなかったのだけどw)。

Img_2334

提供を待つ間に数名様がお帰りになり、店内は僕ともうお一人様だけになりました。
そこにお一人様が入店。お姉ちゃんスタッフさん、「御一人様ですか?こちらに詰めてお座りください」と僕の右隣に案内します。

むうcatfaceそんなに混むのか?店側都合の過度な押しつけには新橋纏で過去思いっきり嫌な思いをしている のだけど・・・
しかしこれは杞憂に終わりました。その後すぐに2名様が入店され繁盛ぶりが確認されたので、お店として詰めて案内するのは当然の行為でしたね。
最近、少し被害妄想気味かな・・・反省think

閑話休題noodle

提供は5分後。
スタイリッシュなドンブリでの提供です。

Img_2336

ではいただきま~す!
まずは待望のスープをズズズ・・・

Img_2337

wobbly
まず鶏がブワワァ~っと口中に広がり、それを追いかけるように醤油のカエシがキリッときます。
鶏と醤油の使い方、抜群に上手いですね~、旨い旨い。
そして柚子皮の存在も嫌味なくすっきりと清涼感をもたらしてくれる。

麺は中太平打ち縮れで、スープを存分に持ち上げてお口にやってきます。
うん、この麺で正解なのではないだろうか。

具は豚ピンクチャーシューと鶏むね肉チャーシュー、それに鶏団子。
旨い旨いとスープと麺ばかり啜っていると、ピンクチャーシューの色がしっかり変わっていた・・・先に食うべきだったか、残念sad

鶏団子はすっきりとショウガ風味が効いたイキなやつ。三つ葉とネギも良い脇役を務めておりますが、そういえばメンマは入ってないのね。メンマ好きとしてはそれだけが残念。

途中、ブラックペッパーをガリガリやってパワーアップしたりしながら旨い旨いと唸りつつあっという間に全て完食。

Img_2338

う~ん、これは旨い一杯だった。僕の好みドストライクでありました。

「ごちそーさまー」と席を立ち奥のお姉ちゃんスタッフさんに声を掛け会計して店を後に。
店を出る際には奥の厨房から店主さんも「ありがとうございましたー」と声が掛かりました。
うん、店作りもしっかりしているしいい店だわ、ここ。
そのうち再訪したいですね・・・いつになるかわからんけど(笑)

本日も至福の一杯を御馳走様でした!

P.S.
帰りは江の島経由でゆっくりと帰り、本日の走行距離は55km。久しぶりのサイクリングなんでまあまあかな。
来週も走ろうっとgood

Img_2343

2017年4月23日(レビュー通算522軒目1,322杯目)

神奈川県逗子市逗子1-7-3

2017年4月20日 (木)

#17/53軒/57杯目 麺や でこ

Img_2328

本日は打ち合わせで綱島に向かいます。
新橋から向かう際は武蔵小杉で乗り換えるのがベストでして・・・どうしてもラー探索にて足が止まる(笑)
RDBにて「でこ」さんの限定味噌のレビューを見てしまい衝動的に訪問を決意しました。

・・・しかし、とまそんさんがここも荒らしまくっておりますな (笑)

武蔵小杉駅から歩きます。元々この中原区は20年と少し前に自転車で営業しまくっていたので地理に明るいのです。
武蔵小杉駅周辺は高層マンションやグランツリーに象徴されるように再開発が今も進行中で様子も一変。しかしながら新丸子駅周辺は昔と変わらない佇まいですね。
1年前に一度行った記憶 を頼りに歩くとすんなり店に到着しました。さすが俺flair

で、入店は12時40分。

券売機前に3名様が待機中。やべっ!満席か!と一瞬ビビりましたが店内を見渡すと十分空き席があります。
どうやら若いアベックが券売機前でモタモタしているようです。
心の中では「ちっ!後がつかえてるんだよ、早くしやがれぃangry!」と悪態をつきますが、そこは大人の私。おくびにもそういう表情は出しませんbleah

んで「味噌そば(850円也)を購入。

Img_2327

逆L字型カウンターの付け根の部分に腰を下ろします。
・・・あ、そうだ。この店のカウンターってバーカウンターみたいに背の高い僕の苦手なタイプだったな。ま、しゃーないか。

提供は結構速くて5分後くらい。
はぁ~、なかなかのハンサム顔じゃないですか。ではいただきまーす!

まずはスープをズズズ・・・

Img_2329

ほぉ~!これはかなり凝った味噌スープです。
いわゆる味噌ラーメンのスープではなくて味噌汁のような仕上がり。
うんうん、これ旨いなぁ。

続いて麺。
中太やや平打ち縮れ麺をズズイと吸い上げますと、固くもなく柔らかくもない絶妙の仕上げ。
これがスープに絡む絡むsign01旨いわ~shine

お店のHP によるとこの一杯はこういうことのようです。

今冬の『味噌そば』は、5種類の味噌の配合を変え、より赤味噌独特の風味、酸味を前面に出しました!
特に八丁味噌や大阪のさくら味噌を多く練り込む事により、華やかな味噌の香りも楽しんで頂けましたら幸いです。
また麺は味噌そば専用の特注の15番手もみ麺を使用。
香味油・メンマも昨年の物とは全く違います。
今季は昨年に比べ味も香りも力強い味噌そばにブラッシアップしています!
(HPより転載ママ)

なるほどかなり凝った一杯のようでお店の気合が伝わってきます。
個人的にこの手の味噌スープに類似を求めるとすれば、「きび」で食べた味噌つけ麺 の感じに似ているかなぁ。もう7年前の記憶なので決して正確ではないけど。

具も凝ってます。
短冊切りネギの上には糸唐辛子がピリッと引き締めていますし、2種類のチャーシューのコントラストがなかなかの旨さ。

総じてこれで850円であれば頷くしかありません。少しばかり高い気もしますがオンリーワンの一杯なので納得価格でしょう。

ということで結構なスピードで最後の一滴まで完食。

Img_2330

「ごちそーさまー」と席を立つと店主さんもホールスタッフさんも「ありがとうございます」と気持ちの良いお声掛け。
お店のHPを拝見しても味へのこだわりがわかるし、一方接客も素晴らしい。
こりゃ人気店になるわけだわ。また来よう!

本日も至福の一杯を御馳走様でした!

2017年4月20日(レビュー通算521軒目1,321杯目)

神奈川県川崎市中原区小杉町1-520-6

2017年4月18日 (火)

#17/52軒/56杯目 ラーメン屋 けん

Img_2322_2

本日は武蔵小杉に所用があり法政通りをひたすら直進。時計は11時ちょい過ぎ。
途中、丸仙を右手に見ると既に開店しているものの半分くらいの客入り。
おいおい、2週間前のこの時間は既に満席 で僕は外待ちポールポジションだったのに・・・
う~ん、なんとなく巡り合わせが良くないのかなぁ、などと考えながらもチャッチャと所用(事務手続き)を済ませ・・・さあラー探索のお時間です。

先日、今日と同じ所用で法政通りを歩いていると家系の良さげなお店を発見していたのであります。
しかもとまそんさんが荒らし放題 (笑) これは間違いはあるまいrock

ってことで入店は13時半。

Img_2325

カウンター奥に親子の2名様と手前にオバサマ3名様の先客様。

店主さんと奥様の「いらっしゃいませー」のすこぶるハートフルな声を受けまずは好印象heart02
すぐさま券売機に対峙し「辛味噌並(680円也)」をポチ。

Img_2320

L字型カウンター真ん中の付け根の部分に座りながら、店主さんに「麺固めで」とお願いします。
腰を下ろす時にオバサマのお一人と目が合った際、にっこりと微笑まれたのはどういう意味なんだろうcoldsweats01

厨房内はご夫婦なのでしょうね、コンビネーションが抜群です。
それに店主さんの丁寧かつキレの良い動きを見ていると職人気質を感じとても心地よいhappy01

Img_2321

提供は5分ほど。
実は家系ラーメンで味噌を食べるのは初めてなので非常に楽しみなのです。とまそんさんのレビを見てなかったら一生食べんかったかも知れんcatface

ということで、さあいただきまーす!

まずはスープをジュルリ・・・

Img_2323

ほほう、まずはコチュジャン系の辛さがスゥーッと口中に広がります。なるほど「辛」の正体はこれであったか。
普通の味噌がブレンドされているのかは判りませんが、それほどの辛さには設定されてなくてスルスルと啜っていけます。

麺は中太やや縮れで好みの仕上がり。もっちりの手前、しっかりと噛み応えのある食感で家系の麺としては完璧。

スープは辛味噌の支配が大きく、家系の特長である豚骨醤油が負けてますね・・・
あ、醤油系は殆どブレンドされてないのかも。次回があれば辛くない「味噌」メニューも試してみたいな。

そして海苔とほうれん草は抜群に利いています。これぞ家系の真骨頂でしょう。
海苔&麺&スープ→麺&ほうれん草&スープ→麺&スープ→時々チャーシュー・・・などとローテーションしながら食べ進めますと旨い旨いsmile

気がつけばスープまで完食。当然ながら最後は敬意を表してどんぶり口づけフィニッシュkissmark

Img_2324

うん、家系の新しい一面を発見しましたね。

辛味噌と家系スープは相性が良いgood

武蔵小杉にはこれからもちょいちょい立ち寄るのだけど、今回の所用は今日で完結しちゃったから再訪はいつになるか。

ま、今日はひとまず大満足ということですね。
「ごちそーさまー」とドンブリを高台に戻すと、店主さん・奥様ともに「あ、ありがとうございますー!」とまたもやハートフルな声。
思わず「ご馳走様でした!」となぜか2回目を言う僕でありました(笑)

本日も至福の一杯をご馳走様でした!

2017年4月18日(レビュー通算521軒目1,320杯目)

神奈川県川崎市中原区今井南町485-10

2017年4月17日 (月)

#17/51軒/55杯目 東京油組総本店 新橋組

Img_2306

久々の当日レビアップshine

本日は新橋勤務。時間に余裕があるので11時半にプラっとオフィスを出てなんとなく日比谷通りに向かって歩きます。

この時間なら油そばの未訪問店も入れるだろうと期待して店前へ。

Img_2309

どうやら店内にも並びは無さそうですね。じゃ入店しちゃおう。

RDBで事前に予習しておいたので、はぐれさんと同じ辛味噌 でいってみようと「辛味噌油そば並盛(820円也)」をポチ。

Img_2308

カウンター一番奥に腰を下ろしながらスタッフさんに食券を渡します。

目の前には白ボトルと赤ボトル、それにタマネギと辛味などが用意され、「食べ方指南」的なポップもあります。
なるほど、赤ボトルはラー油、白ボトルはお酢なのですね。一応この店では初心者なのでそれぞれ2周づつということにしておきますか(笑)

Img_2305

提供は5分後。
「お待たせしました、辛味噌並盛です~」と提供されたそいつに左隣に座ったオヤジが無遠慮な視線を送る。
・・・普通そこまでガン見するか?ってくらい視線を送ってたなぁ(笑)そんな珍しいメニューでもあるまいに。

で、指南通りお酢を2周、ラー油を2周振り掛けてぐりぐり1分ほどかき混ぜて準備完了。

Img_2307

さあ、いただきーます!

まずは一口バクッとやると・・・うん、適度な辛さと酸っぱさ。
旨い旨い・・・けど、まあ想定内の味なのでそれほど感動はしない(そりゃそうだw)

っと、ここで左隣のオヤジに提供。「油そば大盛りでーす」とのこと。なるほど。「辛味噌」がどんなものか気になったんだなと一旦納得。

しかしこのオヤジ、かき混ぜる時も食べる時も肘が僕にチラチラ当たるのよ。こういうの気になるんだよなぁ。この人、気にならないのかしら。
チラッと当たるときにわざとグイッと肘を突き出して見ても何の効果もない。鈍感さんのようだ。
おまけに・・・クチャ男君でした、最悪shock

こういう人って独身で親しい友達がいない、もしくは家族に相手にされてない寂しい人なんだろうな。
だって親しい人がクチャ男君だったり無遠慮な人だったら、僕は絶対に指摘します(遠まわしに指摘するか直接的に指摘するかはその人との関係に因るけど)
あーもう。頭くるわーpout

ということで腹立てながら食べても特別旨いはずもなく・・・
旨かったと思うのでそのうちにリベンジしますね。

ご馳走様でした!

2017年4月17日(レビュー通算520軒目1,319杯目)

2017年4月15日 (土)

#17/50軒/54杯目 スシロー 東戸塚店

Img_2294

今日は土曜日ですが、お昼過ぎから少しだけお仕事をこなし解放されました。

最近僕の元気がないことを気遣って奥様がお寿司をご馳走してくれることになり東戸塚で待ち合わせ。

美味しいお寿司に舌鼓を打ち、バラエティー豊かなスシローのメニューを満喫。

満喫ついでに奥様が「濃厚えび味噌ラーメン(280円+税)也」をオーダー。
ほう(゚ε゚ )寿司屋でラーメンか。少しご相伴にあずかりましょうshine

でお味。

Img_2295_2

ベースのスープに海老味噌を溶いて味わうとなかなかのお味。
麺もしっかりしてるし海老も3尾入っている。

いいじゃないかrock

280円だとしたら正解。侮れんなーconfident

ご馳走様でした!

2017年4月15日(レビュー通算519軒目1,318杯目)

2017年4月13日 (木)

#17/49軒/53杯目 麺家 いし川

Img_2274_2

本日は新橋ランチ。いい天気ですね~、少し歩いてみましょうhappy01

ってことで今日のチョイスはいし川さん。前回訪問 は去年の11月だから5か月ぶりかぁ。
今までラーメンしか食べたことが無いから今日はつけめんでいってみよう。

入店は13時半。店内待ち2名様。
まずは券売機で「つけ麺(780円也)」をポチ。食券の写真を撮ろうかと思ったらスタッフさんがすごいスピードで回収に来てくれました(笑)
いいなぁ、こういうの。ここ接客が素晴らしいですもんね。

着席は5分後。そして提供はされに5分後。

うわ~、麺量300gとのことですがそれ以上ありそうな感じ。
つけ汁の表面にはしっかりと油膜が。これは気をつけないとやけどする危険なスープだ。

Img_2275_3

麺をつけ汁に潜らせる前にレンゲでジュルッと一口やると、豚骨強めで魚介が遅れてぶわっと来る感じ。
塩分強めでいい感じです。

それでは、と麺を一掴みしてつけ汁に潜らせ一口バクッとやると・・・

Img_2276

wobblyなんか懐かしい味shine

ちょっと感じが違うはずなんですが、一口食べて思い出したのは札幌のEiji の豚骨魚介。
なんせ僕が生まれて初めて食べた豚骨魚介つけ麺の味をなぜか思い出してしまった。
全然違うアプローチのはずなのに何故だ?

まあそれはそれとして食べ進めますが、麺が旨い。
たしかここの麺は・・・と厨房を見渡すと「カネジン」の文字。ああやっぱり、この麺旨いわ。

チャーシューと材木メンマの旨さも言うまでもなく、完成度が果てしなく高い一杯であります。

しかし麺が多い。かなり苦戦しながらも固形物を完食。
本当はスープ割したいところなんですが、とてもその余裕はなくつけ汁をチビチビやってフィニッシュとしました。

うん、旨かった。でもラーメンの方が好みかも。次回はやっぱりラーメンに戻すことにしよう。

本日も至福の一杯をご馳走様でした!

2017年4月13日(レビュー通算518軒目1,317杯目)

東京都港区西新橋2-23-2 日比谷パークビル1F

«#17/48軒/52杯目 らーめん かねかつ(つけめん かねかつ)