プロフィール

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« #10/128軒/196杯目 肉とんこつらーめん 味伝 | トップページ | #10/130軒/198杯目 つけ麺 えん寺 »

2010年12月 1日 (水)

#10/129軒/197杯目 大盛軒(おおもりけん)

Oomoriken

今日は東中野でアポ(゚ー゚)
先日は久しぶりにこの方面に来たので、脇目も振らず電車を乗り継いで無鉄砲に訪問しましたが、落ち着いてRDBをゴソゴソやると、気になるお店があるじゃないですか~(゚ー゚)
その名も「大盛軒」勇ましい名前です。
いわゆる定食屋さんでラーメンセットメニューが名物みたいですけど、RDBでしっかりレビューされてるんだから、ここは押さえておきべきですね~。

ということで、店到着は11時20分頃。
ホントに駅近で分かりやすい場所にありますね~、助かります(゚ー゚)

Oomoriken3

タッチ式の自動ドアを開けて入店。
テーブル席が中心の店内に先客は4名様ほど。
明るくて広い店内は清潔感があります。
なんかいいですね~。
スタッフさんがお水を持ってきてくれたので「鉄板麺(半ラーメン付き)」850円也をお願いしました。

提供を待つ間、後客さんも入ってきますが聞き取れた限りでは皆さん鉄板麺をオーダーしているようです。
「鉄板麺」をオーダーすると厨房に「定食~」とオーダーを通しています。
…ここで素朴な疑問が2つ。
この鉄板麺。半ラーメン付きにしなければ「麺」が無いのに何故「鉄板麺」(・へ・)?
まあ昔からのメニューのようなので、いわれが色々とあるのでしょうね(゚ー゚)
それとテーブルの上のタバスコの瓶が業務用のでっかいヤツなんですけど~…なぜ?
疑問はすぐに解消。
「鉄板麺の食べ方」ポップを読むと鉄板の具にタバスコをかけるとの事です。なるほどなあ(゚ー゚)

Oomoriken2_3

待つこと10分ほどで提供です。
うお~(`0´*) ジュージューという音が食欲を全開にしますヽ(´▽`)/
さて勝負!
まずは「鉄板麺の食べ方」に従い、キャベツと豚バラの山の真ん中をくぼませて生卵をON。
そして大量のニンニクチップをIN(今日の午後はアポが無いのでw)。
そこにタバスコを振りかけグチャグチャとかき混ぜ…の際に思ったよりタバスコが大量にIN。
げげΣ(゜Д゜;)…ん~、まあいいか。
実は私「タバスコ星人」でもあるので辛いのは大丈夫どころか大好物なんです(笑)
で、ここからどうする?
思い切ってレンゲで鉄板からキャベツ&豚バラ等をすくい上げ、ご飯の上にON。
豚キャベ丼にしてズルズルかっ込む感じで口に入れると…旨~い(゚ー゚)!
これ、いいですね~。
で、お次は思いっきり後回しになっているラーメン(笑)
海苔が1枚とネギ少々というシンプルなお顔。
レンゲを鍋に使っちゃったんで、直接口をつけズルズルやると、ほんわか旨いスープ(゚ー゚)
麺は中太平打ちにモチモチ麺…これ、なめたらイケマセンヨ(・A・)
ラーメン、結構いけるじゃん!
ただ、惜しむらくは主役が豚キャベ丼(!)なので助演賞ですかね~。
心配した豚キャベのタバスコはそこそこのパンチで攻めてきますが、私にとって心地良い効き目。
豚キャベ丼、麺、豚キャベ丼、スープの順で食べ進めていくと、順調に消化されていきますね~。
気がついたら豚キャベと麺を完食。
お汁がシッカリ染みこんだご飯が少々残りましたが・・・ひらめきました
ラーメンのスープをひと掬いかけて食べてみます。
…これ、旨~(=゚ω゚)ノ(思いっきり行儀悪いけどw)最高~!
で、全て完食してしまいました~。

最初は残すかも?と思っていたこの量を完食してしまうとは…
恐るべしは旨い料理よのう(=゚ω゚)ノ
しかし久しぶりにガツンといきましたねぇ。
そのうち機会があればまた必ず来ます。
だって今私の腹は食い物のこと考えられる状態ではありませんので(笑)

2010年12月1日 東京都中野区東中野

« #10/128軒/196杯目 肉とんこつらーめん 味伝 | トップページ | #10/130軒/198杯目 つけ麺 えん寺 »

東京(その他/山手線外側)」カテゴリの記事

2010ラーメン探索隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #10/129軒/197杯目 大盛軒(おおもりけん):

» 寂しいですね(p_q*)鐔種集鐔種集 [藤丸のブログ]
どうも、藤丸です。今日で秋ともお別れです。寂しいですね。寂しいといえば、レスリー=ニールセンさんがお亡くなりになりましたね。[続きを読む]

« #10/128軒/196杯目 肉とんこつらーめん 味伝 | トップページ | #10/130軒/198杯目 つけ麺 えん寺 »