プロフィール

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2019年12月 | トップページ | 2022年1月 »

2020年1月

2020年1月17日 (金)

#20/10軒/12杯目 麺屋 こばやし

Img_0048

本日は朝一番から良い商談ができました!

で、オフィスに寄る前に腹ごしらえを。どこに行くでもなく気が付いたらオフィス付近まで来てしまった。

ええい、じゃあ半年ぶりに行ってみるか!ってことでこばやしさんへ入店したのが11時ちょうど。

ここ、10時くらいから営業してるんですよね~。その姿勢には頭が下がるが・・・お味はほうはいかがでしょうか。

いつものように「魚介つけ麺(880円也)」をアイダ麺量でオーダー。

う~ん、なんだろう。不味くはないんだけど旨い!とも感じない。

もうちょい捻らないとブレイクは遠いかも。

ご馳走様でした。

2020年1月17日(レビュー通算673軒目1,683杯目)

2020年1月16日 (木)

#20/9軒/11杯目 海老丸らーめん

Img_1118

本日はオフィスで打ち合わせの日。

12時半ごろ当てもなくフラリとオフィスを出て何を食べようか軽く悩む。

肉そばけいすけは食傷気味だし、勝本はこの時間は大行列だろうし・・・そうだ!オマール海老を使った一杯を提供する店があったな。

行列だったら諦めるとして足を向けるると、なんと店内に2人ほど待っているのみ。やりっ!すぐさま入店。

Img_1121

ここって定期的にマスコミに出ているんでしょうね。そのたびに大行列になっていますが、こんな日もあるみたいでラッキー。

店内の待機椅子に座りながらメニューを見ます。

Img_1116

げっ(*_*)結構高いぞ、1,000円札だけ握りしめて来てるんでデフォの一杯しか選択肢はない。

ちゅーことで「元祖海老丸らーめん(880円也)」をお願いして待機を継続。

ほどなくしてテーブル席の一番奥に案内されます。

この店、テーブル席に相席にする際には対面にならないようにジグザグに案内しています。こういう気づかいって良いですね。

壁に貼られているウンチクをパシャっと。

Img_1117

座った席からちょうど厨房が見えます。スタッフを指揮している男性が店主さんなのでしょうね。この方、西麻布のフレンチレストランのオーナーシェフでもあるらしいです。なかなかの苦労人なのでしょう。

で、ほどなくして提供された一杯。なんかすごいぞ!ではいただきまーす(^^♪

Img_1119

まずはスープ。想像通りに海老~~~!(笑)ちょと濃厚過ぎるような気もする。

続いて麺。平打ちストレートの太麺がスープに絡んでガツンと存在感を醸し出しております。

面白いのはパンに添えられたサワークリーム。これをちょいとスープに溶かして口にするとまろやかに。なるほど。

チューシューはレアタイプの面積の広いやつが贅沢に鎮座。これは旨い。

これはもはやラーメンではないっすね。完全にフレンチ~な一杯です。

〆はリゾットが有料で手が届かなかったので(笑)、無料の白飯をお願いしてこうなりました。

Img_1120

この手のやつは最後のこれが一番旨いという我が定説を裏切ることなく、バカ旨。

結構これでお腹いっぱいになったのでご飯を少し残してフィニッシュとしました。

この一杯のトライは評価するし、実際にかなり旨かったんだけど再訪したいというモチベーションがなぜか湧かない。

くど過ぎるからかな~。最近はあっさり系のほうが口に合う。やはり歳は否定できないもんな。

そのうち思い出したようにまた来てみようかな。

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月16日(レビュー通算673軒目1,682杯目)

東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル1F

2020年1月14日 (火)

#20/8軒/10杯目 中華そば 勝本

Img_0041

何かに引き寄せられるようにまた来てしまった勝本。

14時過ぎの訪問にも関わらず店外で5人待ちという繁盛ぶりはさすがです。

本日は未食の「塩そば(750円也)」をチョイス。

Img_0040

壁側のカウンターに座り黒いエプロンを装着し万全の体制で提供を待ちます(平和だなぁw)。

で、わが一杯の提供。まずはスープを一口ズズズ・・・

Img_0042

いや~、優しいながらも要所要所が力強い。

あっさりした鶏ベースに煮干しが上手く合わさり、あさり出汁も合わさっているとのこと。

旨くないはずがない。

チャーシューが控えめなのは偶然だろうか。白髪ねぎと糸唐辛子も良いアクセントとなってバランスが実に素晴らしい一杯です。

もちろん麺は中太ストレートのくっしりとした逸品。

旨いなー。当然ズルバクでスープまで完食。

メニューを見ると、なんとつけめんもあるみたい。次回はそれでいこう!

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月14日(レビュー通算672軒目1,681杯目)

東京都千代田区三崎町2-15-5 三崎町SSビル1F

2020年1月13日 (月)

#20/8軒/9杯目 ギョーザ・ラーメン 華

Img_0037

朝から不満足な一杯で始まった本日ですが、午前と午後のアポ時間が微妙に空き、遠出しなければ一杯食べられるくらいの時間ができました。

では初めての長津田での一杯を計画しましょう。

ってことでRDBをゴソゴソ検索してもピンとくる店が無い・・・ええい、駅近のここに行ってみよう!

駅から徒歩1分で到着。時計は12時ちょい過ぎ。

Img_0036

ラーメンショップ?いや、居酒屋?入るのにちょっと躊躇していると、店内の女将さんと目が合い「いらっしゃい!」と招き入れられてしまった(笑)

「味噌ラーメン(750円也)」をお願いしてカウンターに着席。お客様は僕以外にはいらっしゃいません・・・。

しばらくして「おまちどーさまー」と女将から手渡された一杯。

おお!鉄鍋で提供とは!ちょいとびっくり(゚ε゚ )

では参る!

Img_0038

木製のレンゲというかオタマもどきでスープをズズズ・・・うん。

麺を引っ張り出して一口・・・うん。

スーパーで調達して家で作ってもこうなるわな。これ以上は書きますまい(*_*)

今日は魔日ということで・・・ご馳走様。

2020年1月13日(レビュー通算672軒目1,680杯目)

#20/7軒/8杯目 濱そば保土ヶ谷駅店

Img_0035_20200214072301

朝から腹減りモード。

こんな時、お客様との待ち合わせがファミレスだったら早めに行ってモーニングを食べたりするのだが、今日のお客様はご自宅での面談。

じゃ、駅の立ち食いでいいか。ってことで時々利用するJR保土ヶ谷駅の濱そばさんへ。

券売機前に立つとラーメンメニューがあることに気づく。

気づいてしまったらフラフラとボタンをポチっとやっておりました(笑)

で、食券を厨房内のオバサン(この人よく奥でさぼっている)に渡すと少しとまどった感じ。

・・・ラーメンってあまり出ないんだろうな。冷蔵庫の奥からラップにくるまれた麺を取り出し調理にかかるけどぎこちない。

結局、後から来たおそばオーダーのお客さんよりも遅れて提供。

んで、お味。

頼まなきゃよかった・・・不味いわ、これ。

ごちそうさま。

2020年1月13日(レビュー通算671軒目1,679杯目)

神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町4 JR保土ヶ谷駅 1・2番線ホーム

2020年1月12日 (日)

#20/6軒/7杯目 NOODLE VOICE

Img_0031

本日は昼過ぎに池袋でアポなので、当然のごとくランチの選択はここ。

昨年末に「中華つけそば」をチョイスして個人的感覚として外した感があったのでリベンジ訪問となりました。

13時半頃の入店。

幸い店内にはチラホラ空き席があるようです。ファンとしてはラッキー。

券売機で「濃厚ホタテつけそば (950円也)」をポチっとやろうとすると足元にキラッと光るものが。

どうやらピアスみたい。誰かが片方落としたのであろう。思わず拾う。

カウンターに座り、お姉ちゃんスタッフさんに食券を「あつ、並」と告げながら「あ、券売機のところにこれ落ちてましたよ」とお渡しした。

しばらくするとスタッフさんが「落とし主がいらっしゃいました。ありがとうございました!」と笑顔で告げてくれました。こういうのなんか嬉しい(^^♪

で、わが一杯の登場。

Img_0032 Img_0033

いやー、旨い旨い。でも麺が多い(笑)

麺少な目ってお願いすればそうしてくれるんだろうけど、なんとか食べきれるから貧乏性の僕としては何とか頑張ってしまうわ。

スープ割をするまでもなく、つけ汁まで全て完食。

どうやら早稲田方面にかつてのORAGAの店員さんが塩ホタテの店をオープンしているとの情報もあるが、それはそれ。

僕はこの店を支持します。

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月12日(レビュー通算670軒目1,678杯目)

東京都豊島区西池袋1-3-5 青井ビル第1 1F

2020年1月10日 (金)

#20/5軒/6杯目 中華そば 勝本

Img_0027

昨日の衝撃に行動を促され連日で来てしまった勝本さん。

今日は「中華そば(730円也)」に加え「メンマ(100円也)」をポチ。

Img_0026

訪問が14時過ぎであるのに店外まで並びがあるほど行列が絶えません。すごいね。

昨日とは反対の厨房側のカウンターに案内され腰を下ろします。

厨房内ではそれなりの緊張をもって皆さん作業をされています。こういうの好き。店も清潔感あるし。

で、提供された一杯にちょいびっくり。メンマが大量に!

Img_0029

100円でこれはお得感がありますねー。

では、まずはスープをズズズ・・・

Img_0028

あー、こりゃ旨いわ。この手のスープの最上級クラスの旨さ。いわゆる中華そばのスープ(伝わらんなぁw)。

麺は中太ストレートのくっしり系でスープと相性が良い。

チャーシューも免責の大きいものが2枚。これでデフォで730円とはコスパ最高です。

たっぷりの追加メンマも十分に堪能。メンマ好きにはたまらない一杯となりました。

味良し、価格良し、接客良しの素晴らしい店です。

またすぐに来なきゃ。次は塩だな(^^♪

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月10日(レビュー通算670軒目1,677杯目)

東京都千代田区三崎町2-15-5 三崎町SSビル1F

2020年1月 9日 (木)

#20/5軒/5杯目 中華そば 勝本

Img_0021

僕のオフィスがある水道橋エリアで恐らく一番の人気店であるコチラ。

人気店故の行列に恐れをなし敬遠していたものの、本日は意を決して訪問。

ランチタイムを少々外して訪問すると店外には数名の並び。これくらいだったら許容範囲内。

Img_0023

店外待ち客にも何人連れなのかを確認しながらの接客が素晴らしい。

並ぶこと10分で店内へ。

並んでいる間に少し予習していたので、券売機前で迷うことなく「濃厚煮干しそば(780円也)」をポチ。

Img_0020

ほどなくカウンターに案内され、なんと暖かいオシボリのサービス。「紙エプロンはお使いになりますか?」とも聞かれたのでお願いしました。

この接客は素晴らしい!店内はカウンター20席広とい。しかもスタッフさんの数も多く多分5~6名が稼働中。これは贅沢。

接客の良い店で味にハズレがあろうはずがないのでメッチャ楽しみに提供を待ちます。

で、それほど待たずに提供。ではいただきまーす!

Img_0022

まずは震える手で(嘘w)スープをズズズ・・・

おー!こりゃ旨い!コッテリとした煮干し!いや、そりゃメニュー名がそうなんだから当たり前ではあるけど、煮干しと豚骨が柔和に融合した、すっげー旨いスープ。

麺に行かずにそのままスープだけ3口ほどズズズ・・・これは旨いぞ。

麺は中太のくっしりしたタイプ。これも好き。

で、チャーシューがこれまた絶妙の逸品でホロホロしたやつが2枚。

これで780円は安い!人気店である訳が分かります。

そのまま旨い旨いと食べ続け、結構なスピードでスープまで完食。

・・・これは久しぶりに感動する一杯に出会えたぞ。オフィスから徒歩5分、しかもこんな名店を半年以上も敬遠していたとはラーメンフリークの名が廃るわ。

またすぐに再訪だなあ。今日はこれで満足満足。

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月9日(レビュー通算670軒目1,676杯目)

東京都千代田区三崎町2-15-5 三崎町SSビル1F

2020年1月 8日 (水)

#20/4軒/4杯目 イツワ製麺所食堂

Img_0017

本日は京急久里浜でお仕事。

選択肢は2つ。はまんどイツワ製麺所

どちらもなーんか店の姿勢的に納得いかないから少し悩む。ま、今日はイツワさんに行ってみるか。

ってことで、寒風吹きすさぶ中、イツワさんに到着。

今日は初めてのメニューに挑戦。「イツワかまあげ(790円也)」をポチ。

Img_0016

僕の前の3人組の食券を確認したお兄さんスタッフ。3人組を案内した後、僕の方を見もせずに仕切りロープでスイっと僕を遮り、僕に「お待ちください」の声を掛けるでもなく全くの無視で厨房へ足を向けた。

おいおい!これが客商売の姿勢かよ。店内満席ならまだ分かるが空き席があるにもかかわらず、店側の都合(スタッフ2名で回している)で客を待たせるんだから一声掛けるのが普通だろうよ。

という立腹モードで食べたって旨いはずがない。

Img_0018 Img_0019

数年前に比べ明らかに味のクオリティも落ちてるし。

ごちそうさま。

2020年1月8日(レビュー通算669軒目1,675杯目)

2020年1月 7日 (火)

#20/3軒/3杯目 肉そば総本山 神保町 けいすけ

Img_1106

今年最初の肉そばけいすけ。

当然ながら、「つけめん(840円也)」に肉増し券、アプリ無料トッピング(メンマ)、無料のネギ多め、を発動してえらいこっちゃの麺顔に(笑)

うーん、今年も旨い。

飽きが来ない一杯ゆえに今年は何杯食べるだろうか。少し心配(゚ε゚ )

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月7日(レビュー通算669軒目1,674杯目)

2020年1月 5日 (日)

#20/2軒/2杯目 麺処 遊 蕨店

Img_0009

本日から今年のお仕事スタートです!

会社員さんは明日の月曜日からお仕事をスタートする方がほとんどなのでしょうが、いかんせんシガナイ事業主である僕はお客様のご要望があればいつでも駆け付けます。

ちゅーことで、今年最初のお仕事をグッジョブとはいかないまでも一応成果を出して終えたので、自分へのご褒美で旨い一杯を模索して帰りましょう!

蕨駅で商談を終え、狙ったのは有彩さんだったのですが、本日はお休みのよう。

では新規開拓いっときましょう!ってことで向かったのは王子神谷の伊藤の息子さんがやっているというお店。

そもそも伊藤さんには行きそびれて未訪問のまま。ま、息子さんから攻めるのも悪くないかも(笑)

 

西川口駅からお店に向かう間に多くの「お風呂屋さん」の前を通ります。

ああ、このエリアってそういうエリアね・・・つか、結構店に入ったり出てきたりしてるけど・・・正月から皆さんお盛んでいらっしゃること(笑)

 

で、お店到着。

Img_0008

引き戸を開け券売機で「煮干しそば(並盛)750円也」をポチ。

かろうじてカウンターが一席空いていたのでしべりこむように着席。対面の厨房内にいらっしゃる店主さんに食券を渡す。

ははあ、店主さん・・・結構強面です。まあそんなことはどうでもいいか。

で、思いのほか待たずに提供。ではいただきまーす!

Img_0010

まずはスープをズズズ・・・あー!こりゃ旨い!煮干しがグイっとくる僕のどストライクな好きなスープ。

麺は固めのいわるるボキボキ感なやつでスープに負けずに存在感を主張。

チャーシューも旨い。丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

スープまですべて完食。最後はお決まりの感謝を込めたどんぶり口づけフィニッシュ💋

Img_0011

接客も自然な感じで悪くないし、とても良い店です。

うん、良い店と出会えたな。今年もこういう出会いに感謝するととものに、良い出会いが続くことを期待します。

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月5日(レビュー通算669軒目1,673杯目)

埼玉県蕨市南町3-25-11 グリーンハイツ恵比寿103号

2020年1月 3日 (金)

#20/1軒/1杯目 おめでたい

Img_0001

今年の一杯目は故郷の大分で。しかも昨年のスタートと同じ店、同じ一杯でのスタート。

昨年もなんやかんやで色々あった一年でしたが、年末になってくるとかなり事業の状況が好転してきて、「終わり良ければすべて良し」の一年だったので、ゲンを担いで同じスタートとしてみました。

で、状況も昨年と同じで、高校時代の友人シラちゃんとの飲み会前の軽い飲酒と腹ごしらえの一杯。いわゆる「素振り」w

入店は17時頃。店内はほぼ満員!カウンターにちょこんと腰を下ろし「ラーメン(600円也)」をオーダー。

昨年は特製にしちゃって少々ヘビーだったので今年はその過ちを回避。これが昨年より進化したところ(笑)

 

ハイボールを飲んだから饒舌になっているわけではないが、厨房内のお姉さんに「いつもこんなに混んでるの?」と聞くと、「あ、いえいえ。季節柄ですよ~」とのこと。

でも安い・旨い・駅近・接客良しと4拍子揃っているのだから繁盛しないわけがない。

 

てなことを考えているとわが一杯の提供。

ではいただきまーす!

Img_0002

RDBの情報によると「大分豚骨ラーメン」だそうだけど、地元民から言わせると、そんなの存在しません。

いわゆる作られた名産(名産でもなかろうけど)。

普通に旨い豚骨ラーメンです。

紅しょうがと辛子高菜を加えるとこれがまたいい。豚骨スープにはこのトッピングコンビは外せませんね。

旨い旨いと食べ進めていると、友人のシラちゃんから待ち合わせ1時間後ろ倒しの連絡が!

まあいいや、落ち着いて飲み続ければいいさ、と固形物を完食した後も濃厚スープをアテに飲み進めてすっかりいい気分に。

Img_0003

適当な時間に店を後にして、久しぶりの大分の街中をぶらぶら。大分も変わったよなぁ。ずいぶん都会になったもんだ。

で、シラちゃんと合流後、他の先輩や僕の甥っ子も合流して大宴会となりましたとさ(笑)

今年もラーメンと酒とは縁が切れそうにありません。

良いスタートでした。

本日も至福の一杯をごちそうさまでした!

2020年1月3日(レビュー通算668軒目1,672杯目)

大分県大分市末広町1-1-5 末光ビル

2020年1月 1日 (水)

2020年ラーメン探索隊を始めるにあたって

謹賀新麺!

今年も元気にラーメンを食べて行きたいと思います。

が、その前に昨年を少々振り返ってみましょう。

このブログを始めてからの訪問軒数と食べた杯数の推移をグラフ化してみました。

1

グラフ内の「件数」は「軒数」と読み替えてください(グラフを訂正するのがめんどくさいので(笑))。

軒数はのべ数ではなく、その年内にリピートした店はカウントしておりません。

このブログを始めた2008年はちゃんとカウントしておらず、2013年は個人的にいろいろあった年で気分的にラー探索どころではなかったのです。

だからこの2年間は異常値と認識し分析には使用しません(それほど大袈裟なものではないんだけどねw。

となると、2019年はかなりヤバいっす(゚ε゚ )

ピークの2009年から2011年にかけての勢いを完全に取り戻してるじゃないですか。

当然、その頃よりも10歳歳食ってる訳で・・・お腹もせり出してきております。

これはさすがにまずいかも。今年は少し節制するか。

・・・などと一応考える2020年オリンピックイヤーの幕開けでございました。

« 2019年12月 | トップページ | 2022年1月 »